◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白髪を改善
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


白髪を改善するには、まず、原因を特定することが大切です。
原因は加齢、ストレス、過労、栄養不足や遺伝など、多岐に渡ります。
髪の色はメラニン色素によって、着色されています。
そのため、皮膚の色が薄い白人は金髪だったり、赤毛だったりすることがあります。
メラニン色素が不活性になると髪の色がつかなくなります。
つまり、もともと色がついていたものが、とれてしまうのではなくて、色がつく段階が阻害されているということです。
加齢によるものは、ある程度あきらめていたり、定期的に染めていたりすることが多いですが、若白髪の人の悩みは深いです。
男性よりも、女性の場合の方が気にしている人が多いです。
30代前半で、たくさん出てきてしまった人はかなり気にしています。
毛の色が薄いだけなら、ちょっとおしゃれなような気がしますが、若いのに真っ白だと、まめに染めたりして、対策が大変です。
血液の循環が悪いことによる場合は、漢方薬やサプリメントである程度改善されることもあるようですが、他の病気が原因となっている場合は、その病気の治療が優先されます。
胃腸の疾患や甲状腺の疾患、貧血などが誘因となっていることもあります。
ストレス、遺伝、加齢、生活習慣によって引き起こされることがあり、逆に防止するためには、ストレスの軽減、生活習慣の改善などがあげられます。
加齢による場合の対策は、染めるしかない場合があります。
ストレスや生活習慣による場合は、それらを改善して規則正しい生活を送るようにすることが第一歩です。
また、ビタミンやミネラルをバランスよく取って食生活を改善することで、メラニン色素が活性化されることがあります。
ヘナで染めるのが最近、効果的だといわれていますが、ソマールプロという商品もあります。
感光性染料により、光に当たることで色が染まっていくというものです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)白髪を改善