◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
不動産登記簿を閲覧する
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


不動産登記簿とは、不動産についての権利が記載されているものです。
その不動産に住んでいるからといって、その人が所有者であるとは限らず、借りている可能性があります。
不動産は高額な資産です。権利関係をはっきりしておかないといろいろな問題が生じます。
不動産登記というのは、不動産の権利関係について、また、所在、面積などの物理的状況を登記所という公的機関の帳簿に記載して、管理することです。
登記簿にはいい加減なことを書くことは出来ないので、不動産の事に関しては、信頼できる書類になります。
目的は、土地、建物などの不動産の権利関係をあきらかにし、不動産の取引を確実かつ安心なものにすることです。
不動産を購入する場合には、その不動産の所有者、抵当権が付いているかどうかなどを調べて、その不動産の状況を確認します。
さらに、登記をすることで権利を主張することができます。
万が一、購入した不動産が2重売買されていた場合、先に登記すれば、所有権を主張することが出来ます。
不動産登記簿にある記載が実態と異なる場合、情報が正しいとみなす効力はありません。
これを公信力がないといいます。
つまり、登記簿にある不動産の所有者は、実際には所有者ではない可能性があります。
よって、不動産の取引では不動産登記簿を閲覧するだけでなく、所有者に直接確認をとることが重要です。
見方としては、まず、不動産登記簿には土地登記簿と建物登記簿があります。
両方とも基本的な構成は、表題部、甲区、乙区の
3つの部分に分かれます。
○表題部
不動産の物理的状況が記載されている。
土地の場合は、所在、地番、地目、地積
建物の場合は、所在、家屋番号、種類、構造、床面積
○甲区
所有権に関する事項が記載されています。
基本的には一番最後に書かれているのが現在の所有者です。
不動産を5人以上で共有している場合は、
共同人名票もあります。
○乙区
所有権以外の権利が記載されています。
担保権や利用権について書かれており、権利関係にかかわるので
注意して確認する必要があります。

登記の日付には、その登記を登記所に申請した日が記載されています。
登記簿を見る場合には、権利などの優先順位に注目します。
甲区と甲区、乙区と乙区のような同じ区の場合は順位番号が早いほうが優先されますが。
甲区と乙区のように別の区の場合は、受付番号が早いほうが優先です。
これはあくまでも基準なので、例外もあります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)不動産登記簿を閲覧する