◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ソフトバンクのアイホーン
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


ソフトバンクがアイホーンを出すことになりました。
アイポッドやアイチューンで有名なアップル社の携帯電話です。
ドコモかソフトバンクのどちらから出すか話題になっていましたが結局、ソフトバンクになってしまいました。
ドコモだったら、買おうと思っていたのに残念です。
2台目の携帯として購入しようか迷っています。
かなり期待が高まってきていますが、それも当然とも思えます。
アップル社の製品は、そのシンプルなデザインと操作性にとても魅力があって、iPodなどを持っている人は、携帯とiPodとインターネットが1つになったアイホーン(iPhone)を欲しくなってしまうのは自然の流れともいえます。
確かに、バグのことを考えると少し不安かも知れませんが、携帯に使うということで、その部分はたぶんクリアされていると思われます。
公式サイトで、使用している動画を見てしまうと、かなり欲しい気持ちが抑えられなくなります。
アップルストアで、アイポッドタッチを触ってしまうと買いたい衝動に駆られてしまいます。
それが携帯としても使えるとなると、購買意欲は高まるばかりです。
以前は、iPodなどは壊れやすいので、消耗品だなどといわれていましたが、最近のiPod nanoなどは、壊れたように思えても、ソフトがバグっているだけで、ハード的には、かなり耐久性が強くなっています。
ドコモでも、タッチパネルを採用している携帯電話がありますが、かっこよさが格段に違います。
タッチパネルは静電方式で、反応に個人差があります。
特に乾燥肌の人は、反応が悪いとか、そのせいで間違えて入力してしまうなどの問題点があります。
指紋が目立つので、それを防ぐために保護フィルムを貼るとよいです、保護フィルムによって、タッチの反応がわるくなることはないそうですが、もともと反応が悪い人は余計悪くなってしまうかもしれません。
逆によくなってしまうこともあるかもしれません。
また、マニュアルがないので、使い方がわからない人にとっては面倒です。
オンラインヘルプを見ればわかるのですが、それができないという人は結構います。
ストラップをつけることが出来ないので、落として液晶を割ってしまったり、壊してしまうことがあり、注意が必要です。
「タップ&スライド入力」や「フリック入力」などの文字入力方法は評判がよいです。
ただ、コピペができないのでかなり不便です。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)ソフトバンクのアイホーン