◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
話し方のコツ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


話し方を改善させるために、教室に通ったり、講座を受講したりしている人もいます。
上手と言うことは、多くの人に自分の意見を知ってもらい、納得してもらえる可能性が高くなります。
それは、計り知れないメリットを私たちにもたらしてくれます。
話の始めは、まず、自己紹介からです。
自己紹介の時に注意することは、自信をもって、落ち着いて、大きなはっきりとした声で、
るい表情で、話をすることです。
名前が聞き取れないと、名前を覚えてもらうことができません。
名前を覚えてもらわないと、どんなに良い話をしても、聞き手が、もう一度話を聞きたいと思ったときに自分のことを見つけてもらえなくなります。
一番最初に名前を言って、それで終わりと言う人がいますが、話の最初は聞く準備ができていない人がいたり、あなたに興味がわいていないので、名前を聞き逃す可能性があります。
できれば、最後にもう1度名前を言うようにしましょう。
重要な点は、話をできるだけ簡潔に、わかりやすく、短くまとめることです。
人が話を集中して聞くことができる限界が、だいたい3〜5分程度と言われています。
できれば、一つのテーマにつき、3分ほどにまとめて話すと良いでしょう。
いろいろなことが言いたくなるでしょうが、たくさん話しても、ほとんど覚えてもらえなかったら、努力が無駄になってしまいます。
どうしても話をすると上がってしまう人がいますが、1つ、あがりにくくなる方法があります。
それは、印象深い経験を話すと言うことです。
印象深い体験は、話し手をその経験をした時に引き戻します。
そして、話をすることに集中することができます。
他にも、興味のあること、例えば趣味などについて話をすれば、夢中になって緊張するのを忘れてしまいます。
しかし、この方法の難点は、ついつい話が長くなってしまうことです。
上手な話し方で定評がある人は、なんとなく話がうまいわけではありません。
明日、スピーチをして欲しいといわれても、5分後にスピーチをして欲しいといわれても、大丈夫なように常に準備ができています。
うまいと言われる人は、スピーチをすると、あらかじめ決まっている場合は、入念に準備をします。
突然のスピーチに備えて、話ネタをストックしています。
上手であることは、スピーチが上手であることだけではありません。
通常の会話も当然、上手です。
いろいろなことに興味をもち、話題は豊富で、どんな話でも、それなりのマメ知識を持っていたりします。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)話し方のコツ